男の本能を満たした夜 池袋のエステティシャンは本当に優しさに溢れていましたの記事です。

男の本能を満たした夜 池袋のエステティシャンは本当に優しさに溢れていました

池袋への出張二日目、慣れない現場でクタクタになった私だが生存本能の仕業か逆に下半身は熱いほどの熱気を帯びている。これはなんとかしなければ…。宿泊先のホテルで自分自身を慰めるのも切ない話。そう思って私は池袋の街へ足を向けた。このあたりでは大人が夜遊ぶ街といえばこの池袋の街なんだそうだ。特にあてもなく道を歩いていると不意に派手な看板が目に飛び込んできた。性感・回春エステP。そういえば性感エステなんてしばらく行ってない。よしここにするか…。期待するでもなく受付の前に立つと元気の良いお兄ちゃんが親切にもオススメの子を教えてくれた。素直に従うことにする。平日ということもあり待ち時間も無くすぐに女の子はやってきた。笑顔が可愛らしい。60分かけてこの子にしっかり体と心を癒してもらおう。ここにきて期待が徐々に大きくなり思わず顔もニヤけてしまう。基本的に性感エステでは男は受け専門になる。女の子のペースを乱さず身を完全に委ねてしまったほうが女の子もやり易いだろうしこちらも満足できるはずだ。私はソッと目を閉じ体の力を抜いた。だが、一点だけどうしても力が抜けない場所がある。彼女は少しずつその場所への刺激を強めていく。なかなか素晴らしいテクニックだ。ぶっちゃけメッチャ気持ちいい。そして…1時間後…。足取りも軽く晴れ晴れとした表情で池袋を後にする私の姿がそこにはあった。